まだ見えない未来に今を叫ぼう

JUMPとKAT-TUN、ときどきJr(SixTONES、井上瑞稀)

KAT-TUNの再出航に乗船してきました

本当に、すごかった。
KAT-TUNは完全に復活した。

KAT-TUNは私にとって、なんというか憧れみたいなところがあって。
私はJr.でもないのにおかしいんだけど、本当にそんな感じで。
いわゆるリア恋でもないし、JUMPみたいに見守っていたい対象でもないし、SixTONESみたいにデビューしようぜ!!!って同志みたいな気持ちを抱いているわけでもない。

KAT-TUNは完璧で、いつも物凄い世界観で圧倒的なコンサートを魅せてくれて、
でもMCとなるとあんな感じで、それがまた堪らなく良くて。
やっぱり憧れに近い感情を抱いているんだと思う。
多分私は男に生まれてジャニーズに入って、KAT-TUNみたいになりたかったんだと思う。


だから、四人の最後であり三人の最初だったMステや、10Ksの最終日の、三人の姿は私にとって衝撃的だった。
私にとってKAT-TUNはいつもかっこよくて、完璧で、完全だった。
そんな彼らが涙している姿を見て、
KAT-TUNも完璧じゃないんだ、、
なんて思った。

そしてそんなKAT-TUNを応援したい、と思っていた。


再出航に参加してきて、やっぱりKAT-TUNは最強なんだって、思った。
応援したいなんて思っていたけど、KAT-TUNの三人は充電期間を経て何倍にも強くなって帰ってきた。
元々一人一人の能力値は高いし、強いグループだった。
でもメンバーで足並み揃えて力を合わせて頑張っていこうなんていうところにかけては欠けていた部分もあると感じていて。
一人一人がスキル高いがために必要なかったっていうか。
充電を経てそういうところが強くなったように感じた。


以下雑感。全部については書かない多分。

OP

開演前、現れるジャニーズJr.
Jr.の使い方めっちゃうまいなって思った。
始まる前からの世界観の作り方上手い。
場内アナウンスもこだわっていて、最高だった。
本当に、KAT-TUNという船が再出航するんだって、実はカーンカーンって響き渡る鐘の音で泣きそうだった。

君のユメ ぼくのユメ

10Ksの様子が流れてもう涙が止まらなかった。
こんなん泣くやんずるいやんか
しかも最初ハイフンが歌うなんて。
会場に響くハイフンの歌声が本当にきれいで。
去ったときと同じように、扉から出てくる演出もなんかもうしんどかった。

Real Face

もうすべての涙がひっこんだ。
キミぼくからのこれとかもう、ほんとKAT-TUN
特効の嵐
多分この辺特効一つ一つにガチでびびってた。
本気で ヒィィィッ ってなってた。
KAT-TUNのライブってこれだよねー!!!!感がもう凄くて、
涙なんて流してる場合じゃなかった。

SHE SAID

リアフェからのシーセッドて。
セトリ考えたのどこのオタクだよ。
神か。

LIPS


からのリップスとか神じゃん。

ONE DROP

BYE BYEのぐるんぐるんするやつ大好き。
JUMPで育った人間だから、コンサートのペンラの振りとかC&Rとか大好きで。
KAT-TUNの数少ないペンラ振りあり曲で大好き。
2日目無くなってたの解せぬ、、、
ワンドロを私は最後までずっと待っていた。

Keep the faith

からのキプフェ天才

SIX SENSES


もう天才!!!!!!!!!
クラップ楽しい~~~~!!!!!

六人でやってた曲って、やっぱり三人じゃ無理があるんじゃ?
なんてオタクが勝手に決めつけてた部分があって。
三人がこうやってロクーン曲をまた圧倒的に疲労してくれて、最終日の言葉を借りるならKAT-TUNは永遠なんだって本当に思った。

ハトブレ~キスキス~アイラキ~YOU

大天才では??????
中丸くんのコーナーで、笑いあっていた会場
そこでいきなりこの四曲の曲名が見せられて
キャーーー!?!?!?
って一曲一曲叫んでしまった。

ハトブレって。ハトブレって。
そんないまここにきてこれやるなんて誰も思ってなかったじゃん。
ずるい~~~~!!!!好き!!!!!!


アイラキも私これが初めての生でみたアイラキで。私Best of KAT-TUNとcartoon KAT-TUN聴きまくってたんですよ好きになった頃。

中でもアイラキめっちゃ好きで。
ほんっとうに嬉しかった最高だった。

というかこれかき始めたらきりがないので以降ちょくちょくTwitter貼り付けます(突然投げやり)

Polaris


ドンエバ

このコンサート唯一の悔いはラストのパンパンに二日間とも間に合わなかったことです。
分かっているのに直前になると忘れる人

RUSH OF LIGHT

大天才

どんな日が来ても 光続けるから

大切にしてた アルバムを閉じて

出口が見えなくても 転がりながらも ずっと ずっと

こんな初期の曲なのに、こんなにも今のKAT-TUNとマッチしすぎていて
こんなにも明るい曲なのに泣きそうになる始末

ノーマター・マター

あがる!!!!!!
無条件にあがる。
最高。天才(n回目)
2日目アリーナで、目の前でおしりふりふりしてる亀がさいっこうにかわいかった。

MC

MCもやっぱりKAT-TUN最高って感じだし、
これKAT-TUNぽくね?って言ってるKAT-TUN最高にかわいい。男子高校生かよ。

1日目のタメ旅くだり最高だし、
2日目はたっちだしロバ丸だし爺孫は歯医者始めるしもうしんどかった。

RAY

ずこーーーーーーー
てなったの私だけ????

亀 我が儘にビーマイガー!!!
私 ( ・∇・)!?!?!?!?

そこも超亀梨で愛しかった。

愛のコマンド

バイクでおらおらの上田くんが一周回って可愛いしかなかった
愛コマのチョイスが天才

RIGHT NOW

天才
レーザー天才

Ask Yourself

(急に飛ばしてしまった)
メンステスクリーンの映像が最高だった
超好み

Sweet Birthday

こんなJUMPのコンサートみたいなKAT-TUNのコンサート初めて見た。
メンステ前の花道三人で進んでくKAT-TUNかわいすぎた。

Peaceful days

やっぱり無条件にあがる。
K!A!TTUN!て叫びたいがために東京ドームに行ったところある。

ハルカナ約束

KAT-TUNは10Ksではハルカナを歌わなかった
できない約束をしなかった
っていうはてブロか呟きかをこないだ見て、
うわあそういうことか~~!
KAT-TUNって最高だなって思った。
今度はまた会おうって約束してくれた。
8月、絶対に会いに行きたい。



今回特効が少なかったなんていう呟きもみたけれど、JUMPとの掛け持ちからしてみりゃもう十分致死量だった。
確かに水なかったしKAT-TUNコンにしたら物足りないかもだけど、、
でもKAT-TUNって特効だけじゃないんだよね。
トータルとして完成度が高いのがKAT-TUN
むやみに使えば良いって訳じゃなくて、効果的なタイミングに効果的な特効を使ってる。
全員で見学来てたHey!Say!JUMPは良いもの盗んで帰ってくれたと期待してる。
真似しろとは言わないけど。


本当に楽しかった。
私は初めて好きになったのがHey!Say!JUMPだから、今でも一番はHey!Say!JUMP。
多分これはずっと変わらない。
基本的にわたしは「やめる」ってことができない人間だから。
でも今回のKAT-TUNのドームに行って、
なんで私はKAT-TUNが初めて好きになったジャニーズじゃなかったんだろう
なんでKAT-TUNが一番じゃないんだろう
なんて思ったりした。
本当に楽しくて最高のコンサートだった。

(結論これです)



KAT-TUNは概念っていうのが本当に言い当て妙で。
きっと、この三人はKAT-TUNをこれからも守っていってくれる。
KAT-TUNというアイドルを続けてくれるんだと思う。
亀梨和也、とKAT-TUN亀梨和也、は違う。
それは他の二人も同じ。
これって他のグループにはなかなかないことだと思う。
でも、だからこそ人数が半分になっても、KAT-TUNというグループが成り立っているんだと思う。

これからもKAT-TUNを応援しつづけたいと思うし、一方でJUMPにもこんな風に強い(武器的な意味じゃなくて)グループになってほしい。


ひとまずDVDが楽しみ。
(その前にI/OのDVDよろしくお願いしますJstormさん)