まだ見えない未来に今を叫ぼう

JUMP、SixTONES、HiHi Jets

【妄想】ジャニーズ(若手)が吹奏楽部だったら

JUMPが吹奏楽部だったらっていうはてブロを随分前に拝見しまして、それからずっと妄想してました。

とはいっても私の推しがHey!Say!JUMP、SixTONESHiHi Jetsで詳しく性格等知らないジャニーズもいるので、相当な偏りがあります。
他にも出ますが全ジャニーズを網羅したわけではありません。
その点についてはご承知おきください。

唇の形とかで顧問が適正で決める学校もあるけど、そうじゃない学校もあるし、
完全に見た目とパートのイメージで選んでしまいました。

ちなみに中高一貫男子校
高3は夏の大会で引退するタイプの吹部なので3年もいます。




【Fl(フルート)】

高地優吾 2年
外部からの入学生。楽器も高校に入ってから始めた初心者。
小学校からサッカー部で、小学校のときに所属していた地元のサッカーチームの薮先輩がこの高校だと聞いて入学。
だけど同じクラスのジェシーに体験入部一緒に行こうぜと誘われてそのまま何故か入部。しかし薮先輩もまさかの吹奏楽部で驚き。

京本大我 2年
いやもうきょもがフルート吹いてたら美が過ぎる。後光射しそう。
初心者の高地に色々教えている。
1年たって高地も結構吹けるようになってきたのがちょっぴり寂しい。
割と天才肌なので教え方が上手いわけではない。
クラの松村は嫌いではないし良い奴だと思っているんだけれど、何故か避けられている感じがする。
松村のことを怖がる後輩に「根はいい奴だから」といつも言っている。

マリウス葉 1年
吹奏楽部の良心。天使。
中等部に入学してきたときは今よりも身長が小さくて猫かわいがりされていた。
今ではニョキニョキ伸びましたが変わらず天使。
揉め事があるとマリが悲しそうな顔をするので部内の争いが減りました。


【Cl(クラリネット)】


松村北斗  2年
めちゃくちゃ似合いそうじゃないですか。クラ。(それだけ)
真面目にコツコツちゃんと練習するタイプなので、隣の部屋で練習してる高地のところにジェシーがちょっかい出しに来た声が聞こえて、暫くたっても笑い声が聞こえてくるときは「うるせえよ」って言いに行く。
でも髙地と同じパートの京本がなんとなく苦手で馬が合わないので早々に去っていく。

佐藤勝利 1年
練習熱心な一年生。真面目。
まじめっぽさがクラっぽい(偏見)
学年代表(次々期部長)


【ダブルリード】
ファゴットオーボエを併せてダブルリードパートとしている学校が多いです)

Fg(ファゴット
ファゴットは独特な音がする楽器です。結構大きくて小さい子だと手が届かなくて吹けないので、女子ばかりの吹奏楽部では背が高い子から選ばれがち。
ちょっと面白い音なんだけどわりと重要な役割を担っていたりして、ないと寂しいみたいな。)

中丸雄一 (OB)
縁の下的なところやアクセントになるところがボイパを担う中丸くんぽいなと。
卒業後もときどき遊びに来てくれるんだけど、差し入れのチョイスが独特。

薮宏太 3年(部長)
音楽センスがある人もダブルリードパートに多い気がする(私のとこだけかも)。
背が高いし、変わり者が多い(私見ファゴットぽい
中等部から始め、リズム感も音感もあるのでメキメキ上達。
中学入学時は背が今ほど高くなく、本当にFgで大丈夫か?と当時の先輩には言われていたけれど、顧問の「コイツはきっと背がデカくなるし、Fgで大成するはずだ」というなんの根拠もない自信を信じFgに。結果大成している。
副部長の八乙女とは実は幼馴染で、今や「夫婦」と呼ばれている。

Ob(オーボエ)
オーボエは凄く難しくて、木管の中で一番難しいと言われている楽器です
息が足りなくなるのではなく寧ろその逆で、息の消費が少なくて辛いっていう珍しい楽器。
天才肌の人が多い感じがします。こだわる人はは自分でリードをつくる。
有名ではないのですがこれまた独特の音色で、クラシックでは凄くいい場面でソロがあったりします。
ポップスならジブリメドレーとかでよくソロがあります。風の通り道とか)

知念侑李 2年
天性の才能+努力でメキメキ上達。
高等部から初心者(楽譜読めないレベル)で始めたはずだったのに、3年になる頃にはリードを自分で作っている。
パート練習中隣の部屋のパートがうるさくて薮先輩が度々注意に行くのでパー練が中断され、キレた知念くんがとても怖かったのでそこから暫く静かだったのだとか。

猪狩蒼弥 1年
父の影響で小学生のころからObを習っていた。
中等部の時から吹部。あだなはガリさん。薮と知念にはガリと呼ばれる。



【Sax(サックス)】

亀梨和也 OB
普段はアルトだけど、アンコンや大会等ではソプラノを担当していた。
亀梨先輩狙いで入部する女子生徒もいた。
山下と並んで伝説となっており、二人そろって遊びに来た日には部全員が沸き立つ。

山下智久 OB
テナー。渋いソロがエロいと話題だった。
亀梨と山下が1年のときは、凄い1年が入ったらしいと他校でも話題になっていた。
現役時代は夏のコンクールで亀梨と山下見たさに演奏を聴きに来る生徒が多く、地区大会なのにやけにチケットが売れまくっていたという伝説を残した。

髙木雄也 3年
テナー。部員の姉・母たちや地域の奥様方から人気で、演奏会時の差し入れが部員イチ多い。
演奏面ではもの凄く上手いというわけではないのだが、後輩の面倒見がよく、後輩からの人気も高い。

ルイス・ジェシー 2年
(学生で名前だけって変だし名字つけちゃった)
アルト。即興が部イチ上手い。ジャズが得意。
ただ個人練の時間にFlの高地にちょっかいを出しに行くことが多く、髙木先輩に窘められている。

橋本涼 1年
アルト。伝説のOB亀梨先輩に中等部のころから憧れていたため入部。
同期の井上とはパートは違うもののお互い花形としてよきライバルで、朝練のとき鍵を開けるのは大体この二人のうちどちらか。
亀梨先輩と同じモデルのアルトサックスをコツコツ貯めていたお年玉で購入。
亀梨先輩が遊びに来た日に限って補講に出ていたりしていて、それが2回も続いたので現在井上と猛勉強中。


【Tp(トランペット)】

山田涼介 2年
花型どセンター山田涼介(サックスじゃないんかい。)
高音バリバリ出るしフラッターなど小技も上手い
でも実は努力の人で、テスト期間も朝練を欠かさない(テストの点数はご愛敬)

中島健人 2年
高校から入部。
中等部の頃はサッカー部だったが、練習の休憩中に屋上から聞こえてきたトランペットに一目ぼれ。
俺もああやって吹けるようになりたいと吹部に移ろうとしたのだが、
顧問とチームメイトの反対にあい中等部の間はサッカー部を全うすることに。
中3の地区大会で優勝し、勇退
高校入学後晴れて入部し、第一希望のトランペットへ配属。
同い年ながらに山田を尊敬している。

井上瑞稀 1年
中等部入学時、既に校内で有名人だった山田先輩に憧れて入部。なにがなんでも山田先輩と同じTpパートに入りたくて、本当は他のパートの方が適正良いんじゃない?って顧問は思ってたけど熱意に負けた。
しかし努力の井上はメキメキ成長し、中3のコンクールではソロも務めた。
実はお勉強が苦手なので、橋本とよく勉強している。しかし橋本も勉強ができないため、最近は二人して特進クラスの那須に頼るようになった。

髙橋優斗 1年
高等部から入学した外部進学組。声がデカい。
中学までは野球部だったが何か違うことをやりたいと思っていたところ、「なんかかっけえ!!!」という理由で吹部に。
「みずっくん!みずっくん!これなに!?」の声が廊下まで響いている。
持ち前のポテンシャルで成長中。


【Tb(トロンボーン)】

田中樹 2年
ボーンってジャズとかでもでてくる楽器で田中樹×ジャズやべえなと思ったから。
サックスのジェシーと二人でセッションしてほしい。
あとボーンの男の人モテるイメージあったから。
作間が入ってきてからというもの一日に10回くらい「は?」と言っている。


作間龍斗 1年
手が長くてスライド操作が上手そうだから。
高等部からの入部。中等部で仲が良かった猪狩が吹奏楽部だと聞いて、興味があったので高等部進学を機に入部。
よく奇声を発したりよくわからないことを言うので田中先輩は手を焼いている。
友人の猪狩とよく一緒に帰るが、最近は田中に憧れているらしい猪狩に「今日の樹先輩」を報告しなければならず少し面倒になってきた。



【Hr(ホルン)】

伊野尾慧 3年
絶対似合う(それだけ)
あとなんとなく飄々としている感じがホルンにいそう。
低音が得意で、主に2ndを担当。高音域がでないわけではないけれどあまり好きではない。
(唇厚めなので本当は向いて無さそう。でも厚めでも吹けるので大丈夫です)
テナーやユーフォと同じメロディーを吹くことが多いので、よく髙木と有岡に声をかけて合同パート練習を開催する。
広報担当で、定期演奏会シーズンは協賛集めパンフレット編集ポスターデザインと大忙し。

松島聡 1年
マウスピース小さいのが似合いそうで、ペットではないかなって。
あとなんとなくホルンっぽい性格?
聡ちゃんが練習しているのを伊野尾先輩がニヨニヨしながら眺めている。



【バスパート】

Tuba(チューバ):桐山照史 3年
デカいから。どしっと構えてずっしりバンド支えてほしい。
肺活量ありそうだし向いてそう。


Euph(ユーフォニアム):有岡大貴 3年
中間管理職Euph
実は曲のなかで美味しいとこてんこもりなユーフォニアム
よくテナーサックスと一緒にいいとこもっていきます。
そして中低音を支えてくれる大事な役割。かつ指回しが早い箇所も多く大変なパート。
デビュー当時から7とBESTの橋渡しになってきた、そして実は多方向にポテンシャルが高い大ちゃんにぴったりでは。
部内の盛り上げ番長。


Bass(コンバス・ベース):八乙女光 3年(副部長)
唯一の弦楽器、そしてポップス曲ではベース担当
文化祭のステージでベースを弾いている姿が格好よくて他校の女子生徒のファンが多数できる。
その子達が定期演奏会を観に来ると、クラシック曲では何やら大きい弦楽器を弾いていて「ベースじゃないの!?」って驚かれる。
薮とは幼馴染で、今は二人で部活を支えている。
時々抜けていることがあり、広報担当の伊野尾に怒られる。


かいて思ったけどヒルナン組やんけ。パー練うるさそう。


Perc(パーカッション)】

中島裕翔 2年
小さい頃からドラムを習っていたのでパーカスへ。
鍵盤楽器は少し苦手で、基本ドラム担当。
コンクール等でもスネア等やはり打系楽器を担当することが多い。
他の部員がドラムを担当する曲では鍵盤系をやるときもあるがやはり苦手で苦戦。



【番外編】

何故か音楽室にやってくる学校OB:上田竜也
中丸先輩の友達。小学校からの腐れ縁らしい。
吹部OBではない。
小学生の頃ピアノを習っていたらしく、在学中は中丸ーまだ帰んねーの?と音楽室で待つ間にピアノを弾いていた。
中学の頃は髪が長めで女子に間違えられることも多かったのだが、
高等部で陸上部に入部後は筋肉がつき、髪を短くしたことも相まってそんなこともなくなった。
卒業後も吹部に顔を出しにくる中丸と一緒にやってきては、音楽室に居座っている。

知念の保護者:岡本圭人 2年
知念とは家が隣の幼馴染
小学生の頃一時期親の仕事の都合で海外にいた。
知念が小さい頃病弱だったこともあり、心配性な知念の両親からよろしくねと頼まれている。
本当は吹奏楽部に自分も入ろうとしたのだが、帰国子女だとどこからか嗅ぎつけた英語研究部に熱烈な歓迎を受ける。
結果やさしい性格から断り切れず英語研究部へ。
毎日部活終了後知念を迎えに来る。
父は吹部OBらしい。

中島の親友:菊池 2年
中島のサッカー部時代からの親友
吹部に行きたいと聞いた時には気が狂ったかと思ったが、何度も熱く語られ根負けした。
定期演奏会や大会には差し入れをもって駆けつける良い奴。
なかじまァ!!と言って時々音楽室に現れる

野球部主将:森本慎太郎 2年
(野球部と吹部は野球応援の関係で縁がある)
バッターボックスたった時の演奏曲は『紅』
(大体野球部一人一人に曲が設定される。ジャニーズ曲ならパラダイス銀河とかよくある)

野球部:那須雄登 1年
特別進学クラスに在籍。某有名大学進学を目指し、部活と勉強の両立に励んでいる。
友人の井上に請われ、テスト期間に井上と橋本に勉強を教えている。
井上と橋本が追試を回避したため、那須の作る予想問題が当たると評判になった。



以上!!!!
これ以上思いつかなかったのでここで閉じます。 
中高一貫校の意味そんなになかった。

ジャニヲタ就活プレイリスト(2019春)

SixTONESのデビューシングル入れるときにiTunes見てたら、就活のときに作っていたプレイリストを発見したのでどうせだからブログに投下してみようと思いました。

※グループに偏りはあります

通りがかりのこれから就活の方、ジャニーズの曲で元気が出る曲を探している方、ご参考にどうぞ。

特に応援っぽいなって歌詞とは引用でのっけます。

順番は特に意味ありません!

 

【応援ソング系】

明日へのYELL / Hey! Say! JUMP

タオルぶん回したくなるし無条件でテンション上がるのが良い

ガンバレッツゴー / Hey! Say! 7

ガンバレッツゴー世代なので。

OLE! / Hey! Say! JUMP

圭人へのエールの曲、なんて話があったし応援歌と認識している

ゆっくりマイペースでもいい 全力疾走でもいいさ

負けるな 諦めるな 走り切れ!

 

道は手ずから夢の花 / KinKi Kids

KinKiさんが応援歌だと言うから入れてたけど、確かに歌詞は応援歌だけど、

ヤバイ時聴いてると更にズーンとなるので実は最終的にはリストから消しました・・・

良い曲なんだけどお祈り来た後に聴くのはおすすめしません。

Will Be All Right / KAT-TUN

頑張ってる君の目が 世界中に輝いて 未来さえ変えていく

フルスイング / NEWS

追い込まれたって前へ キミだけにある明日へ

もう最期まで賽を振れ 願いを込めた フルスイングで

 

PERFECT

人と比べながら生きてもしょうがない

情熱JUMP / Hey! Say! JUMP

まわり道でも 道にかわりないから

むだなことなんてひとつもない 夢を信じればいい

 

後から思ったけど男never give up/Sexy Zoneとか入れれば良かった。

発売時には就活終わってたからプレイリストには入れられなかったけれど、Prince Princess/Princeが大好きなので21卒だったら確実に入れてた。

【前向き・前に進もう系】

↑との種別が微妙だけど応援ソングではないな、っていう曲

マエヲムケ / Hey! Say! JUMP

タイトルの通り。前向いていこうぜって歌ってるので。

ただ前へ / Hey! Say! 7

タイトルの通り2。

目の前を塞いでいるのは 壁じゃなくて扉なんだ

おそれないで 焦らないで

君だけの明日をその手で掴むのさ

COSMIC☆HUMAN / Hey! Say! JUMP

さあ一歩一歩 二歩三歩 ありふれた明日へ

"笑顔が似合う君が一番好きだから"という伊野尾くんパートがただただ好き

Draw My Life! / Hey! Say! JUMP

シナリオ通りにいかない きっとそんなもんかな

運命なんて 消しゴムでそっと消してしまおう

 凹んでる暇なんてない ほら 新しいページめくって

カラフルに彩り続けよう 見返すその日まで 

WHITE / KAT-TUN

ここの歌詞が良い!勇気づけられる!みたいな訳ではないのだけれど、なんとなく全体的に気持ちが明るくなる

Ready Go / Hey! Say! JUMP

面接に向かう道のりは全然待ち焦がれてたって感じじゃないんですけど。

あまりにもReady Go!と連呼されるからちょっと頑張ろうってなる。

Going! / KAT-TUN

力の限り走る君が 世界の壁を壊してく

道は果てしない夢に続く

 ってとところが好きです。

Go To The Future! / Hey! Say! JUMP

もう切りがないんだ 決戦は今日だ

(中略)

さあ動き出すんだ 決心しないと 同じことのくりかえし

胃が痛いです(論文提出2週間前)

We Believe / Hey! Say! JUMP

 明るくて歌詞も全体的に前向きなので

(あとただ単に好き)

OVER THE TOP / Hey! Say! JUMP

全体的に前にどんどん進んでいく感じ

 

今思ったけど前向きスクリームとか入れれば良かった。

前向きにしてくれそう。

 

【戦闘力上げる系】

おりゃああああやったるぜーーーーーって感じの戦闘力向上曲

主にKAT-TUN

 

喜びの歌 / KAT-TUN

Yeah----------!!!!!

で上がる

FIRE and ICE / KAT-TUN

バチバチに戦闘力上がる。

炎!!!!水!!!!!!(演出)

Dead or Alive / KAT-TUN

生きるか死ぬかかかってたらやるしかない

Keep the faith / KAT-TUN

強い

GOLD / KAT-TUN

なんか強くなった気持ちになれる

BIRTH / KAT-TUN

早く内定者になりたい!!!の一心

GIMME LUV / KAT-TUN

強くなれそう

BANGER NIGHT / Hey! Say! JUMP

強い!!!!

 

【癒やし系】

もう就活嫌だ・・・・ってなった時にそっと寄り添ってくれる系

 

ぎゅっと / Sexy Zone

良い曲過ぎて泣いた。お祈りメールきてズーンとなっている帰りの電車内、この曲を聞くとセクゾの優しさが五臓六腑に染み渡ります。

イノセントデイズ / Sexy Zone

同上。

落ち込んだ時はセクゾのアルバム聞けば大体なんとかなる説。

【元気出る系】

Funky Time / Hey! Say! JUMP

Don't think系でMovin on 考えようにゃ Party time

意味わかんないけど最高

キミアトラクション / Hey! Say! JUMP

どんなことがあろうと「君がナンバーワン!」とHey!Say!JUMPが全て肯定してくれる。

TO THE TOP / Hey! Say! JUMP
 OUR FUTURE / Hey! Say! JUMP

TTTとアワフュ聴くと無条件に元気が出る。

 完全マイウェイ / Sexy Zone

 誰かのためじゃない 自分自身のために

とか

大気圏を突き抜けて彼方へ

とか好き。

【諦めるな歩き続けろ系】

Your Seed / Hey! Say! JUMP

ユアシド大好きなもので。

Believe yourself you can get it on

DON'T U EVER STOP / KAT-TUN
LOCK ON / KAT-TUN

目標狙ってる感じするじゃないですか。

RUN FOR YOU / KAT-TUN

 


【その他】

ただその時好きで聴くとテンション上がるから入ってた曲とか


White Love / Hey! Say! JUMP

ホワラがまじで好きだったこのシーズン。

Give Me Love / Hey! Say! JUMP

ギミラもめっちゃ好きだった。

愛よ、僕を導いてゆけ / Hey! Say! JUMP

JUMP×歌謡曲が大好きで、久々の歌謡曲だったからひたすら聴いてた

ウタウタウ / Hey! Say! 7

7さんの"ウ"と"タ"しかない歌

好きという訳でもないんだけど、このくらい意味わかんない曲のほうが就活末期には良い。今年私が就活生なら「め」聴いてた。

THE D-MOTION / KAT-TUN

完全に3月に行ったSixTONESのチェンエラの余韻

でもDモはテンション上がる

恋を知らない君へ / NEWS

就活本当関係ないけどすごく好きで聴いてた

ラクリだらけのテンダネス / Sexy Zone

同上。好き。

 

 

 



(後半ただただ好きな曲入れただけになってる)

Hey! Say! JUMPKAT-TUNSexy Zone、NEWS、KinKi Kidsしか登場しない大幅に偏ったプレイリストになってしまった・・・

ジャニーズって恋愛ソング多めと思いきや、やっぱり応援歌というか、励まされるような曲も多いよなあと改めて思った次第です。

バレユニいるからまあそうか。

就活で封印かと思いきや、いま修論のお供になっています。

(明後日最終発表。終わらない。)

同じく追い込みの学生さんも、もうすぐ就活が始まる方も、そうでない方も、

年度末ジャニーズ聴いて頑張りましょう。

 

 

幸せの4枚の葉と6つの原石

SixTONES、デビューおめでとう!!!!!!

8.8から今日まで、どこかデビューということを遠く感じていて、フラゲしに行ったタワレコで特設コーナーを見て、本当にデビューなんだ....と実感できたような気がします。

私はHey!Say!JUMPで初めてジャニーズを好きになったから、今まで「自担のデビュー」を経験したことはありませんでした。
それどころか、JUMPの後ろで踊っているJrにもファンがいるということ自体に驚きました。
歌ってるわけでもないのに、声も聞けないのに、何が好きなんだろう。ファンが少なくて覚えてもらえるとか、ファンレターの返事貰えるとか、そういうの目当て?なんて失礼なことを思っていました。


最初はJrにカケラも興味がなかった私が、今SixTONESのデビューをお祝いしているのもなんだか不思議な気持ちでいます。
デビューが決まったときからSixTONESの第1章の終わりにブログを書こうと決めていたから、デビュー日の今日投下します。




松村北斗くんに出会ったのは、NYC boysによるNYCと、中山優馬w/ B.I.Shadowによる悪魔な恋の両面A面シングルリリースの時。

JUMP目当てでduetだったかwink upだったか、いつものように前半誌を買ったら、開いてすぐの見開きに大きく新グループとして載っていたのを覚えている。

一人ひとりのプロフィールも載っていて、静岡県出身と書かれていて、同郷の同い年ということで北斗を気になり始めたのがきっかけだった。

そのうちB.I.Shadowが気になるようになり、ドル誌は毎号掲載ページをチェックしていたし、少クラを毎月楽しみにしてた。
ララリラとビリビリDANCEのパフォーマンスを見て、もっと好きになった。


ララリラの、健人の"4人いれば十分だぜ!"というセリフが大好きだった。
ゆごほくは正直ふまけんに比べてアイドルとしてのスキルはまだまだで、ララリラでもソロパートはたった一言しか貰えてなかった。
曲中のカメラアピールだってふまけんはバックにいてもガンガンするのに、ゆごほくは自分のところにカメラがきていても中々覚束ない。2人に全然追いつけて無かったけど、それでもこの4人が好きだった。
弟ポジの可愛い北斗が好きだったし、どこか素人っぽくて純粋そうなのにジュニアコロシアムで亀梨くん(相手役)に「ばーーーーか!!!」って言えちゃうギャップのゆごも好きだった。


でも2011夏、TDCホールで私がマリウスかわいいなあ〜聡くんも静岡じゃん推す〜!(通路側の席で真横にマリウスのお立ち台だった)なんて呑気に考えている間にセクゾのデビューが決定、BIは自然消滅となった。

私はJrを応援することの厳しさを改めて思い知ってしまって北斗からは離れることにした(まあぶっちゃけ推しが辞めてしまうのを見ることが怖くて逃げた)から、次に北斗のことをしっかり見たのはバカレアのときだった。
もうJrはグループで推しちゃ駄目だと思った。



髙木くんがJrと一緒にドラマに出るということで見てみたらJrの面々は6人とも知っている人ばかりで、何よりゆごほくが再び選ばれたことが嬉しかった。
当時AKBもハマってたので私的に私得すぎるドラマだったこともあり、一気に夢中になった。
映画も当時萩谷担だった後輩と見に行った。
(わざわざムビチケ買ったのにどこかやっちゃったな...)

正式なグループ名はつけてもらえなかったものの、ジャニーズJrの真実(当時やったSUMMARY時期のJrに密着した特番)でも「最もデビューに近い」と取り上げられ、雑誌でもページ多めだったし、本当にデビューするんじゃないかと思ってた。

まあそんなことはなくその後6人はバラバラになり、私自身も大学受験に入ったこともあってジャニーズ自体から少し離れることに。
(言うても雑誌は見てたしJUMPはCDDVDが出れば買っていたけど)

時々少クラ(JUMPが司会やってたから見てた)で北斗とジェシーが二人でKinKi曲歌っているのを見て、北斗歌うまくなったなあ、なんて外野から思ってた。




受験が終わって大学生になってからも暫くはジャニーズ自体から距離を置いていて、受験のタイミングで更新しなかったJUMPのFCもまだ入り直していなかった。
2016年、大学3年生になったのを機に再入会して、今ジャニーズどんな感じなんだろうとドル誌を見たら彼らは"SixTONES"になっていた。


SixTONESをちゃんと意識しだしたのは2017年、ジャニーズ大運動会に当選し東京ドームでAmazing!!!!!!を目撃してから。

...だと思ってたのだけれどTwitter検索したら2016年に以下のような投稿をしていた。

https://twitter.com/19xxxK2/status/726214830231691264?s=19
https://twitter.com/19xxxK2/status/736214666553106432?s=19
全く覚えていない。時期的にクリエのセトリか。


とりあえず秋になると少年たちのジャポで布がやばいらしいということしか分からないスト担のステマ記事が回ってきて一気に気になり、湾岸を申し込んだが普通に外れた。
でも湾岸レポ読んでるだけで超楽しかった。北斗治安悪くなっててびっくりした。ほっくんはどこへ。


中々当たらず初めて行ったストの現場は2018年Jr祭りSixTONES初の横アリ単独公演。
SHOT!やWATER DANCEといったKAT-TUNの古の名曲を発掘してきて我が物顔で歌うSixTONESがもっと好きになった。


You Tubeも始まって、益々ハマった。
パフォーマンスが圧倒的で、でも話すと面白くて、くだらなくて、ゲラゲラ笑って、イメージに反してファンのこと凄く大切にしてくれて。メンバーがメンバーを信頼していて、ファンも彼らに信頼しかなくて。好きにならない理由がない。
あんなにJrはグループで推さないって思っていたのに、スト担になってしまった。


チェンエラの横アリに行って、ずっとやってほしかったTABOOをついにやってもらえて、コンサートのクオリティーも凄く高くて、もうこれはデビューしかないなと思った。
5/1は期待していた分落胆が大きかったけれど、8/8のJr祭りが決まって、ストかHi美選抜かどこかは分からないけど絶対どっかデビューするな、と確信して配信見てたから、SixTONESのデビューが決まって本当に嬉しかった。


そしてその間夏にはきょもの出演ミュージカルエリザベートを観に行き、ミュージカル俳優京本大我に衝撃を受けた。(元々チケット無かったのに最終的に3回行った)(エリザベート自体にもハマりこんで2020きょも出ないのにチケット取った)
すっかりきょもほく担と化した。



TrackONE IMPACT 1/7 夜公演
ジャニーズJr.のSixTONESとして最後のコンサート

お姉さんのアナウンスを打ち消すくらいのアンコールの声に出てきた6人はいつもの6人で
でもきょもが「俺たちがジャニーズJrってやりたい」って提案したら
樹を筆頭にボロボロ泣いちゃって
泣いてるSixTONESにどこからともなくSixTONESコールが沸き起こって
あの日のことはきっとずっと忘れられない。




いよいよ今日がデビュー日。
一度は離れ離れになってしまったけれどまた集まって、改めてグループになって、ここまで大きくなったこの6人なら、まだジャニーズの誰も成し遂げていないような大きなことだって出来てしまうような、そんな気がしている。

この6人がジャニーズという道を選んでくれて、バカレアに選ばれて、誰も辞めず、再結成できて、デビューできて、本当に良かった。


私は6人が一番苦しかったときを見ていなくて、良いとこどりだけしてるズルいヲタクだと思う。
だから、これからはSixTONESが進み続ける限り、ずっと後をついていきたい。
SixTONESの第2章も、その先も、ずっと応援しています。まだ見たことのない景色、一緒に見させてください。
これからもよろしくお願いします。



そして、B.I.Shadowに出会えてよかった。
4人は運命の4人ではなかったのかもしれない。
それでもあの時の4人の輝きは忘れられないし、これからもずっとスト担である一方でB.I.亡霊でいると思う。
B.I.Shadowが私のJr担としての原点です。
今は違う道を歩んでいるけれど、4人のことを忘れたことは無いし、これからも忘れない。


今までも色んなタイミングで4人それぞれがB.I.の名前を出していたり、4人揃ったときにララリラを歌ったり、少クラでのゲームで4人が並ぶとふざけ合ったり。
デビューが決まった時もふまけんがそれぞれB.I.デビューだって連載で上げてくれて、風磨はJUMPの福岡でも「B.I.Shadow全員デビューできました!」って言ってくれて、今でも4人の根っこにB.I.があるんだと、本当に嬉しかった。(JUMPのコンサートなのにまさかのB.I.Shadowの話出てきて泣いた)
いつかまた4人が一緒に歌っている姿が見たい。それまでB.I.亡霊でいさせてください。


B.I.Shadow 4人全員デビュー、本当におめでとう
それぞれの場所で、4人がいつまでも輝き続けられますように。


f:id:kotohtn:20200121214752j:plain

2019現場まとめ

2019年あっという間過ぎてあと3日で2020ということが信じられません....
色々なことが起こった2019年。
楽しいことも、悲しいことも、ありましたがひとまず現場を振り返りジャニヲタ業納め。



1/19.20 『Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENCE or LOVE』 @福岡ドーム
初の福岡を満喫。
水炊き美味しかった...
明太重も美味しかった...
空港の市街地からの近さ、便利さに驚愕。地下街もすごい。
そしてこの頃原宿ジャニショが鬼のように混んでいたために福岡のジャニショに。
コンサート時の地方ジャニショの方が平常原宿ジャニショより空いているってどういうこと...
福岡めちゃくちゃ好きになって来年も福岡来るぞ〜と決めた。


3/21 13:30,18:00 『CHANGE THE ERA』 @横浜アリーナ
アリーナだったけれど、昼公演まさかの最前列端っこという驚異的な席。めちゃ見やすい。
そして去年のスト単独もだったけど何故か北斗名義なのに樹立ち位置が目の前。
本編はもうさいっこうでした。
配信も2回とも見た。
SixTONESのセトリ演出センスには信頼しかない。
ずっとやってほしかったTABOOのイントロ聞こえた瞬間ぶちあがった。天才。
もう残すところはデビューしかねえなと。
夜もご縁あり入らせていただけることに。昼は取れなかった銀テ取れて嬉しかった。


4/8 『ハル』 @TBC ACTシアター
FCは外れたけどご縁あって同行させていただけることに。
初のACTシアター
楽しかった観劇後、スマホ開いたらお祈りメール来てて真顔に。


5/16 『ジャニーズ銀座 HiHi Jets』@シアタークリエ
去年は外れたけど今年は奇跡的に当たった。
3月のTDCも外れたのでサマステぶりだった。
しかも結構な前列で双眼鏡いらず...有り難い
みじゅきソロが尊すぎた。透き通るような歌声が大好き~~~~~~
ずっと5人でいてね.....。
当日券チャレンジは集合して最初の抽選で落選したため1公演しか入れず...
でもキャパから考えれば1公演入れただけで幸せ


5/18 『WILD』@東京グローブ座
すごく裕翔くんにぴったりの役柄と感じた。
所々素でも言いそうなセリフというか。
観る前にラジオで伊野尾くんが「難しかった」光くんが「そうでもなかった」と言っていたのが謎だったけれど、観てからすごくよく分かった。


5/25 『クイーン・エリザベス』@日生劇場
大地真央様の美しさに全面降伏。
そして宝塚出身の方々が軒並み所作美しすぎる...カテコのカーテシーとか素晴らしすぎる。眼福。
高木くん声質が舞台めっちゃ向いてるじゃん...って確信した。


6/14 13:00『エリザベート』@帝国劇場
愛希井上山崎平方香寿京本(敬称略)
エリザ決定時は全然行く気なかったのだけど、きょもの沼に落ちてしまってチケ探しに奔走。
有難いことにご縁ありお譲りいただけた。
ミュージカルのきょもを見るのが初めてで、おきょも様....ヤバい.....
普段の歌い方と全然違くて、力強くて、いつものきょもじゃなく”皇太子ルドルフ”だった。
元々ヨーロッパ文化とか歴史とかミュージカル好きなのでエリザベートという作品自体もわーーー!!好き!!!という感じだった。
ただルドルフへの贔屓目もあったのかもだけど、シシィに全く共感できず
終始えっなにコイツ....だった
そして井上芳雄さんの声量鬼ヤバ凄い。凄いなんてもんじゃない。
どうしてももう一回見たくなって、その後古川くんトート×きょもルドルフがやばいとTwitterでお見かけしたのでチケ探しに勤しんだ
花總まりさんもみたくなっちゃった....

7/5 13:00『エリザベート』@帝国劇場
花總井上成河平方剣京本
花總さん一体おいくつ!?と終演後に調べて驚愕
最初どう見ても10代女子なのに終盤はすっかり年嵩ある女性で...
そして成河さんも存在感がすごくて、ていうかどの方も凄すぎて(そりゃそうだ...)
で、こうなってくるとまだ見てないキャストの方が見たくなっちゃうヲタクの性。


7/8 ザ少年倶楽部 番協
番協に初めてあたった。(元々あまり応募もしてないけど)
前日の応援練習後引き換えでNHK枠と混じった客席側に回された(名簿と照らし合わせながらで、最初から用意されてた様子)
全部見れて嬉しかったんだけどなら最初から練習いらんやーん笑
大学生世代以上はそういう感じかな?と周り見て思った
学生のまた当たってほしいな〜〜客席入りたい


7/25 18:00『エリザベート』@帝国劇場
花總古川山崎田代涼風京本
見ちゃった。ゆんきょも....尊み....美しい
組み合わせまでは無理でも、ルドルフ以外のプリンシパルは全員見ることができて最高だった。これが沼か...
どの方も素晴らしくて違う魅力があって、組み合わせでもまた違う印象になって、これは沢山みたくなるのが分かる
井上×京本も、古川×京本も違った良さがあってどっちも好きでした。山崎×京本も見てみたかった
(あと三年早くきょもにハマってれば城田×京本が見れたのに....)
3回目になりすっかりゾフィー様に感情移入した。ていうか涼風さんのゾフィーが切なすぎて...
あと『皇后の務め』が超絶好き。ていうかどのナンバーもめちゃくちゃに好き。
2020はきょも出ないけど、すっかりエリザベート好きになっちゃったので多分観に行く。
古川トート×愛希シシィの組み合わせが見れなかったので見たい。でも花總さんもまた見たい。沼じゃん。


8/22 13:00『パパママ一番 裸の少年 夏祭り』@EXシアター
情報局だめで、一般でスタンディング遅番。
去年は局枠のスタンディング早番を指定席と交換していただいたので初スタンディングに戦々恐々としてました。
でも入ってすぐの壁にもたれて見てたら快適すぎて見やすくてEX大好きになった。
壁側だと真上の通路来た時全然見えないけど、反対側の通路いるときは見やすいし、全然良い。
てかそもそもEXめっちゃくちゃに小さいからどこにいても肉眼でいいのでドームを思えばもうどこも神席。


9/13 13:00『DREAM BOYS』@帝国劇場
情報局は外れたものの、カード枠で当選!三井住友カードありがとう。
あの事件後で、3人のHiHi Jets出てきただけで涙腺ドバーーーなってしまった
(お手紙ボックスもHiHiの箱溢れるくらいに満杯で、開始前から既に胸がいっぱいだった。)


11/29 18:00『Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2019-2020 PARADE』@京セラドーム大阪
年始の福岡ぶりのJUMP現場!
来年から社会人だから、平日のツアー初日に遠征できるのもこれが最後かな。。。
初めてVIPライナーを使ったらラウンジが最高過ぎてこれから愛用しようと誓った。
シートも電動リクライニングが最高。
公演は、まだツアー中なので詳細控えますが「JUMPってこんなコンサートができるようになったんだ!!!」と胸が熱くなった。
これまでのJUMPのセトリとか構成って、なんかこうもう一皮剥けないのかなあとモヤモヤしていて。
ひっさげてるアルバムでセトリ落ちした曲は永遠に披露されないことになるのに、なんで定番曲ばかりやるんだと。
あとグループ自体が非日常感あるグループだから、コンセプト重視のコンサートが凄く似合う!
前半はおいおいこれじゃアルバム曲何曲セトリ落ちするの...と思ったけれど、後半怒涛でびっくり。
賛否両論出ていたけれど、これが今JUMPがやりたいことなんだなと思うし、私はとても満足。
年明け福岡行くのが楽しみです!!!
そしてトラジャバックについてくれてありがとう~~~~!!
超多忙なトラジャ、5日間で振り付けしたときいて本当凄い。
JUMP×トラジャは親和性高いから早くこの目で見たい。



以上全15公演!わりと行ってた。2月10月以外何かしらに行っている笑
少年たちいけなかったのが悔しい....
お譲りいただいたチケットも多く、ご縁あったすべての方に感謝します。

2020年もすでに年明けのSixTONES横アリ、JUMP福岡、Endless SHOCK、薮君ジョセフが確定。
エリザ、ニュージーズ(情報局外れた)確保したいと思ってます。
社会人になるし行ける現場数は少なくなるかもしれないけれど、
JUMPは圭人帰ってくるし、SixTONESはデビュー一年目だし、HiHiはスノストが抜けてJr内での大きなポジション変化があるだろうし、
大事なところは必ず行けるように、スケジュール管理したいなあと思います。
来年も良い一年になりますように!!!

理系×院卒×ジャニヲタ×就活

2021年卒のインターンページが早くも1日にオープンし、もう一年経ったのかと感慨深いです。


私はと言うと第一志望から無事内定をいただけ、GW明け初週で就活終わりました。
今年はGWが10連休だったこともあり、去年の先輩たちよりだいぶ前倒しだったような気がします。
ある会社の人事の人によると年々早くなっているそうなので、来年はもっとはやいかもしれない...?
業界にもよるとは思います。


てなわけでジャニヲタ×就活ということで書きたいと思います。
ただ理系院卒というジャニヲタ界隈の中ではマイナーな人種だと思います。
でも私自身就活を始めたとき理系のジャニヲタの就活どんな感じなん!?!?って気になったので、どこかの同じような誰かの役に立ったらいいなあと思います。

理系×院卒×ジャニヲタの就活

プロフィール

中学生からのジャニヲタ
担当はHey!Say!JUMPの伊野尾くん、SixTONESの北斗くん、HiHi Jetsの瑞稀くん という現場溢れる界隈に生息してます。
KAT-TUNは去年までFC入っていて、セクゾも気になってます。

専攻:自担と同じです。
自担がこれを学んでたからこっちに来たわけではないのですが、期しくも同じになりました。研究室テーマもまあ殆ど一緒です。
今は伊野尾くんの卒論みたいなテーマは下火になってきたし同じことはしてませんが。(何代か上の先輩はやってた)

研究室:ハードモード、他の研究室からはブラックとの呼び声が高いです
特に下のスケジュールには記載してませんが、週1でゼミ、そのゼミに向けて学生たちで週に何回か集まって話し合い等、別で現地に行ったり関係者との打合せ等も不定期で有
合説参加:2回(同じやつに2日)
説明会参加社数:13社
エントリー社数:11社
志望業界:研究室OBが多く進む業界(身バレが怖いので伏せます)と不動産系
もしかして同じかも!?詳しく!という人はTwitter等で話しかけてくださればなんでもお答えします。
不動産系は文系の人も受けるような会社です

2つの業界に興味があり、結構悩んでました
結局両方受けてました(周りは一つの業界に絞ってる人が多かった。)

実は学部のときに一時期院進学か就職か迷っていた時期があり、そのときにちょろっと就活してました。
だから人より面接の経験は多かったかな、と思います。



では時系列ごとに、就活とヲタ活を整理していこうと思います。

2018.6

インターンサイト解禁!

マイナビリクナビ登録しました

2018.7

インターン参加(5days)

業界を2つ迷っていて、そのうちの1つの業界のわりと大手にインターン行きました。
(来春から就職する会社です)

2018.8

サマパラ(SixTONES
サマステ(HiHi Jets
KAT-TUNアリツア@静岡

いずれも1公演ずつ!
エコパは帰省がてら地元の公演に。
就活は何もしてません。

2018.9

Hey!Say!JUMPアリツア@宮城

学会が宮城で、しかもJUMPが宮城公演の週の平日だったのでこれは行くしかないと思って申し込んだら当たった。
木曜まで学会、そのあと2日延泊して合流した妹とコンサート!
めちゃくちゃ楽しかった。
就活何もしてません。
(強いて言えば学会こんなこと発表しました的な話を面接でした会社はある)

2018.10

特に何もしていない...
講義のほうがグループワーク忙しくなってきて、
わりとそっちにしか時間かけられなかった。
毎年恒例でやってる同じ専攻の先輩から就活についての話を聞く会みたいなのがあって、それに参加したくらい。

2018.11

インターン参加(1day)

抽選式のインターンで、当たって参加
夏にインターン行った企業とは違う、もう一つの業界の企業

2018.12

JUMPドームツアー@大阪

楽しかった。わりと講義ごとが忙しかったけど同期に申し訳ない気持ちを抱きながら大阪に行った。

あとヲタクごとじゃないけど、研究室の同期たちとディズニー行った。
(就活のことなんてかけらも考えてない)

2019.1

JUMPドームツアー@福岡

福岡ドームは行くしかないと、初めて飛行機で遠征
スターフライヤーが神
福岡楽しすぎて福岡に住みたいとまで思った

就活?なにそれ?期間
講義のグループの提出物が月末でめちゃくちゃ大詰めで忙しかった
(のに福岡には行った。同期ごめん。)

2019.2

インターン(1day)×2

わりと冬季インターンがあったので、申し込んで参加
一つは11月のと同じ企業

会社セミナー×1

気になる会社のセミナーに参加
社員さんと座談会形式で自由に質問するやつ。

2019.3

就活解禁

あっという間に解禁の日が来てしまってびっくりした。
まだ業界絞れてないどうしよう状態
とりあえず片っ端からマイナビで説明会を予約
次の日大学行って自分たちの部屋で同期たちと各会社のエントリー締め切りを把握しあい、説明会日程も把握しあった。
同じ説明会予約しすぎで笑った。

説明会×13

2回行った会社もあるので、社数としては12
スーツあんまり着たくなかったから、同じ日に詰め込めそうなのは詰めた。
10時から行って、昼食べてから他社の14時からのとか。
わりと同じ業界同士会社も近くて大学からもそんな遠くなく、はしごは簡単だった。
疲れるから一日2社は無理・・・という同期もいました
一日2公演コンサート入れるなら大丈夫です。

履歴書ES提出×6社

文系と比べればダントツに少ないとは思うけれど、
周りはみんな大体こんなもん
ただあまり小さめの会社は見てなくて、規模小さめのも見てる同期はもうちょっと説明会行ってた。

面接×1

リクメン1社
志望度高めだったけど結果サイレント・・・・

SixTONES単独@横浜

就活シーズンど真ん中!けど横アリ単独は行くしかないよね〜!!って行った
初日の昼夜2公演。とても楽しかった!!!!!
配信も3グループとも見た。
デビューはよ!!!!!

映画少年たち×1

舞台挨拶ライビュ

3月頭にやったTDC外れて落ち込んでたけどめちゃ説明会ピークだったので外れてよかったです。
うちわ買いに行きたかったけどその暇もなかった・・・

2019.4

説明会×3

小さめ規模の2社と、大手の社員懇談会

履歴書ES提出×3

説明会時持参1社、上旬〆2社

面接×2

一次面接が3社
2社は最終に進め、1社はサイレント(6月入ってお祈りきた)

ハル@赤坂

外れたんですが、ご縁あって連れて行っていただけることに。
薮くんの歌声堪能しました。
終演後に一社からお祈りメールきて真顔。少し焦る。

映画少年たち×2

実演ライビュ1、GWの実演ディレイ1
就活中のわりに合計少年たち3回行きました。

2019.5

GW=帰省!!

4/29から5/4までがっつり帰省しました。
GWにES持参の面接が一社あったので、それをひたすら書いてました。
書き損じすぎて8枚くらい書いた。
あとはゴロゴロしてた・・・本当は5日にセクゾの横アリにお誘いいただいて行くはずが、
急遽研究室の所用ができてしまい断念・・・(就活どこいった)

5/1 SixTONES配信

実家で見ました!
後半再び見れて嬉しかった・・・
モンストおめでとう!!!

面接×4、GD×1

1次面接×1:×、終わった後シャツが第一ボタンどころか第二ボタンまで空いていたことに気づき終わったと思った
GD:文系のGDの猛者みたいな人たち怖い・・・・通過

↑の2つは同じ業界だったのですが、面接を受けたりESを書いてる中で何か自分のやりたいこととは違うな、と感じる点がちらほらあって、合否に関わらずこの業界は就活するのやめよう、とGWの実家から帰る新幹線で決めてました。

最終×2はどちらも内々定連絡をいただけ、2つとも入社したいと思っていた会社だったので就活終了!

就職を決めた会社の結果がもう一つ内々定いただいた会社の最終面接に向かう新幹線内で来て、落ちたという絶望の中にいた私をとても元気づけてくれました。
GWあけに内定無くて、志望業界の手持ちも内々定いただけた2社しかなかったので本当に焦ってました...

ジャニーズ銀座(HiHi公演)
WILD@グローブ座
クイーン・エリザベス

クリエとWILDは最終面接の次週、エリザベスはそのまた次週です。
これがあったために絶対これで終わらす!!!!
という強い気持ちをもって最終に挑みました。
お祈りだったら笑えない。


・・・というわけで私の就活はこのような感じでした。

2社内定いただけて、悩みましたが最終的な決め手は東京勤務(の可能性が高い)です。
特にJrは東京の現場が主ですし、そこは大事にしてました。
希望部署は東京にしかないので希望が通れば東京です。
現場行くには給料も大事でしたが、わりともらえる業界なのでそこはあまり気にしてませんでした・・・
でも家賃補助とか色々込みでいくらもらえて、支出大体このくらいで、貯金も考えるとジャニーズにこれくらい使える、ってことは入念に試算しました。
蹴った会社は1年目は本社がある名古屋勤務なので、給料はそちらの方が高いですが東京までの遠征費を考えると・・・・ってなりました。
ジャニヲタ資金もしっかり計算することをお勧めします!


これらから分かる(?)理系×院卒×ジャニヲタの就活の特徴は以下の通りです。

①文系学部卒よりわりとジャニヲタする余裕がある

勉強してきたことを活かした就職を考えている人であれば、
現場を多く入れたりエントリー数少なくても大丈夫だと思います。
(エントリ数少ない=ESかく時間かからない=You Tube見る時間が確保できる)
そこは文系の同じ就活生より心に余裕がもてたかもしれないです。
これまで研究室が大変だった分、就活はわりと楽です。
(文系学部卒の友達の話とか聞くと、うわあ大変だ・・・・って思います)

ただ流石に3月上旬は無理ですかね・・・今年で言えばTDC
ここ2年やってる兄組の横アリならまあ入っても大丈夫だとは思います。
説明会もESも落ち着く頃なので。
ただこれは志望業界によるので、自分の志望業界が一般的にどんなスケジュールで就活が進むのか、確認してから3~5月の現場を抑えるのがいいと思います。
化学系の友達は3月下旬にご飯食べた時ES提出はまだまだこれからって言ってました。

また就職後においても、理系院卒で技術職で入社すれば、文系卒の事務職とか、理系の学部卒よりは給料良いです。
お金大事。

②スケジュール管理に気を付ける

これは理系院卒に限った話ではないですが・・・

先ほど5月の第一週で最終が終わり現場の前に就活終わったとかいたのですが、
実は第一志望の最終面接とゼミとクリエの日が被るという私的大事件が起こりました。

クリエは平日18:00公演を取ってました。
申込時には新年度のゼミ日程も出ておらず、
これまでの傾向からしてこの曜日はゼミ入らないだろ・・・
と思い面接が万が一入ってもいいように夕方公演を申し込みました。
去年は落選だったので当たって本当に嬉しかったのですが、ここでまさかの
ゼミとクリエが被ったということが4月に入って判明しました・・・・まじか・・・・
交換探そうにもあまりにも相場理解だらけの界隈に絶望し、これはもうゼミを休もうそうしよう。(先生ごめんなさい。)と思っていたところで、
最終面接がクリエの日に決定

まじかよ!!!!!!!!!

しかも時間的にも面接終わってすぐダッシュすれば間に合うかどうか・・・・・な時間で。
そもそもスーツでクリエ行きたくないし。
チケット来たらめっちゃ前列で交換したくないし・・・・

欲望に負けて最終面接の日時の変更をお願いしました。

現場があったとしても、なるべく土日に入れることをおすすめします・・・
当たりやすいからと平日申し込むとこういうことになります。

私の場合は現場と面接のブッキングでしたが、
面接と面接が被ったり、ゼミと被ったり、バイト(・・・はレアケースかもだけど)が被ったり、色々あると思います。
でもどの会社もそんなの承知の上だし、快く対応してくれます。
それで落ちるなんてありません。(寧ろあったらそんな会社やめたほうがいい)
だからもしそういう事態になっても、無理せず変えてもらった方がいいと思います。
面接がいくら少し時間ずれてて間に合いそうでも、
集中力とか体力の面で考えたら1日の予定は1つにするべき!!!!
これは1日にコンサート2公演入る体力があったとしてもです!!!!

③夏のすごしかたを考える

研究室や大学にもよるかもしれませんが、私の場合はM1の後期は鬼のように忙しかったです。
学期中研究が忙しい理系は夏休みを有効に使うべきだと思います。
文系と違って理系は志望業界やエントリー社数をある程度絞っても大丈夫です。
(ただし大手ばかり受ける、とかだと不味いとは思いますが・・・)
なのでどのような道に進みたいか、自分がなにをやりたいか、
夏休みの内にインターンに参加したり企業を調べたりして志望業界を絞ることで、
3月からのスタートダッシュをスムーズに切れるのでは、と思います。

ただ夏はJrもデビュー組も現場あるので!
就活したらなかなか休み取ってツアー行くのも難しくなるし!
そこは遠慮せずガンガン行きましょう!
毎日毎日就活のことばっか考えてる必要なんてないので。
今年の夏は今しかこない!!!!ゆうぴも言ってる!!!!


長くなりましたが、こんなところで終わりたいと思います。
数少ない理系院卒ジャニヲタのみなさまのお役に少しでも立てたら嬉しいです。


では、サマステ一般電話頑張ります!!!!!!!
(当たると思ってた!!!!!!)

はしみず高校卒業おめでとう

本当に本当におめでとう!!!!
こんなに晴れた空の日に卒業する二人の未来はきっと明るいと思います。 
そうであってほしい。

折角なのではしみずについて想いを馳せたいと思います。自己満です。


私が初めてみたはしみずはスノープリンス合唱団のあの激カワショタ天使でした。
その時はそれぞれのメンバーに対してこの子良い!とかはなくて、なんとなく全員の名前と顔を把握してるくらいでした。

ちゃんと井上瑞稀を認識したのはあの『夏の恋は虹色に輝く』でした。
誰この子どこの事務所の子役だろう〜って調べたらあのスノプリにいた井上瑞稀くんでした。
そしていつかデビューしてほしい推しの一人になりました。
(もう一人は北斗)

あの頃はまさかみじゅきがこんな歌の上手い帝王になるとも、はしもっちゃんが脳内変換あっぱらぱーのイケボになるとも思ってもみませんでした。

楽曲大賞のコンビ部門でもはしみずについて投票したから楽曲大賞記事でも語ったんですが、
私ははしみずほど『運命』が似合うシンメって後にも先にも無いと思っています。

剛健、にのあい、滝翼、仁亀、やぶひか、藤北、ふまけんなどなど、
デビュー組だけでも今までに数々の伝説的シンメが産み出されてきました。
Jr.時代とデビュー後でシンメが異なるジャニーズもいれば、現Jr.で今と昔では違う子とシンメ組んでる子もいます。

シンメの数だけ形があって、どのシンメも在り方が違うしどれも尊くてしんどくて胸がいっぱいになります。
それでも幾多生まれてきたシンメの中で一番『運命』という言葉が似合うのははしみずなんじゃないかと、思うんです。

誕生日一日違いな二人は正反対な性格で、もしジャニーズになっていなかったら絶対友達にもなってなかったと思います。
それでも数カ月差で入所して同じグループになり、それ以降激動のJr.編成替えの中をずっと一緒に歩んできました。
そして高校生になると同じクラスメイトとして、仕事仲間として、三年間朝から晩まで共に過ごしてきたんですよね尊い
性格が正反対で、でも誕生日一日違いの同い年で、一日お兄ちゃんのはしもっちゃんが少し先輩で。二人が同じ事務所に尊先は違えど同じ理由で同時期に入所し、出会い、ずっと共に歩んでいることは運命だとしか思えない。

シャドボを踊る山田涼介を見て、憧れて入所したみじゅき。
そんなみじゅきが高校を卒業する、入所10周年のこの年にシャドボが再びリアレンジされてドームで披露されたのも『運命』なんでしょうか。(こじつけ)

強火同担拒否のみじゅきのシンメはしもっちゃんが亀担でしかも同担ウェルカム系なのもミソです。
なにからなにまで正反対...
シンメを体現しすぎでは...

氷河期もあったはしみずだけど、いまや自他ともに認める運命共同体だし、若干18歳にしてグループを引っ張っていて本当に頼もしいなあと思います。

本当に幸せになってほしい。

昨夏は年上だけれど殆ど同期のPrinceと後輩のMr.Kingがデビューして悔しい思いもしたと思います。
高校最後の夏にデビュー越されるなんて悔しくないわけがない。
今は関東では兄組が話題を集めているし、関西が最近ガンガンきている。これからも悔しい思いをすることは沢山あるんでしょう。
それでも、願わくば、はしみずにはずっと二人でいてほしい。そしていつか、二人が同じグループで、シンメでデビューしてほしい。
その日が来るまで、ずっと応援しています。


最後にたくさんの愛あるコメントが掲載されている楽曲大賞コンビ部門のはしみずページを貼ってお祝いの言葉とさせていただきます。
http://j-m-a.info/award2018/combi/31#



改めて、卒業おめでとうございます!!!

ジャニーズ楽曲大賞2018に投票しました

一年早かったなあ〜とこの季節になると思います

今年はJUMPのSENSE or LOVEが好きすぎて、とても偏ってしまいましたが以下の通りです。
本当はKAT-TUNのCASTのアルバム曲とか、アスユアとか、セクゾのカラクリだらけのテンダネスに入れたかった...

曲としての好きなとこは楽曲大賞のコメント欄に書いたのですが、コンサートとか色んなことについても書きたいことたくさんあったのでこちらに。


楽曲部門 1位 「女王蜂」 Hey!Say!JUMP
オシャレすぎてオシャレすぎて、本当にJUMP!?って感じでした。
こんな曲も歌えるようになったんだなあと感慨深かったですし、
11年目のアルバムにピッタリな曲だったと思います。
コンサートでは伊野尾くんのピアノをハラハラしながら見守っていたのですが、最終日福岡で無事弾ききったときは泣きそうでした。
もう見れないかと思うと残念です。
マルチアングルでピアノを弾く伊野尾くんじっくり見たい〜!


楽曲部門 2位 「最後のラブソング」 Hey!Say!JUMP
作曲した方が南田健吾さんという方なんですが、
『誰ソ彼ホテル』というアプリゲーム(謎解き脱出系)に登場する人気アイドルが歌っている『酩酊』というソロ曲を作曲されていて。
その曲が本当に最高なので是非YouTubeで聴いてほしいです。
最後のラブソングの作曲者を調べたときは、貴方だったんですかー!!!!と衝撃を受けました。通りでドンピシャ好みなはずだ...
アプリゲームやったときに酩酊にハマり込んでずっと聴いてました...
ジャニーズでは関ジャニのオモイダマ、応答セヨ、上田くんの未完成のアンサー等も作曲されてます。
アリツアでやってくれなくて悲しかったけど、ドームでやってくれて本当に良かったー!!!


楽曲部門 3位 「チョコラタ」 Hey!Say!JUMP
まさかのセトリ入り!!!
いのちね可愛かった😂
まさかのJUMP=チョコっていう。
薮くんの 愛してくれますか?
が反則すぎる。


楽曲部門 4位 「COSMIC☆HUMAN」 Hey!Say!JUMP
記念すべき伊野尾くん初の主演ドラマ主題歌!!
各宣伝で伊野尾くんが嬉しそうで嬉しそうで胸がいっぱいになりました。
本当に良かった😂😂😂
高校生の私に伊野尾くん主演ドラマの主題歌JUMPでやって落ちサビは山田くん伊野尾くんなんだよって言ったら絶対信じないだろうな...


楽曲部門 5位 「BANGER NIGHT」 Hey!Say!JUMP
髙木さんと知念くんに叩き潰されたいし薮くんにぶち抜かれたい。

↓迷った末に入らなかった曲たち。

・カラクリだらけのテンダネス(Sexy Zone
・City Wander(Hey!Say!JUMP)
FLASH(Hey!Say!JUMP)
・Swinging days(Hey!Say!JUMP)
・条件反射(伊野尾慧)
・流星の詩(薮宏太)
・159(知念侑李)
・MoonLight(KAT-TUN
・願い(KAT-TUN
・Don't wait(KAT-TUN
・Ask yourself(KAT-TUN

多すぎか。KAT-TUNのMoonLightめちゃくちゃに好きでした。タイプ。女王蜂と同系統の好き。


未音源化部門 1位 「だぁ~くねすどらごん(メンバー紹介ラップ)」 HiHi Jets
C&Rの楽しさが凄い。
はしもっちゃん!みじゅき!って叫べる日が来るなんて。
日替わりのセリフも大分しんどい。橋本涼がイケボすぎる。

未音源化部門 2位 「Jungle」 SixTONES
横アリ単独公演ど頭にぶっこまれて、衝撃的すぎた。
オリぶっ壊すのやばくないですか。


未音源化部門 3位 「Summer Paradise」 ジャニーズJr.
サマパララぁが脳に刷り込まれた
SixTONESがやると治安悪いのに他のグループが歌うとまた全然違うのが面白い


MV部門 「JAPONICA STYLE」 SixTONES
ほんとはMVのより元々のほうが振りも衣装も好きです...(小声)
オリジナル衣装作るにあたって、和なだけじゃなくて、ちょっとスタイリッシュなほうが他の曲でも色々使い回せるからっていうことでああなったってエピがあるんですが、流石長年Jr.やってる彼らだ〜〜って感じです。
早くデビューしてくれ〜〜


コンビ部門 井上瑞稀橋本涼
やぶいのガチ勢なんですが最近全然エピソードもないので。笑
でもやっぱりふとしたときに同期感を出してくるのがたまらないです。
二人がふざけだすと誰も止められないしどんどん転がり落ちてくのが最高...

でもこのはしみじゅが二人揃って高校を卒業するタイミングでコンビ部門があるっていうのも何かの運命だろうと思いはしみじゅに投票しました。
はしみじゅは本当に尊くて、はしもっちゃんのほうが瑞稀よりちょっと先輩なんですが、誕生日も一日違いではしもっちゃんがお兄ちゃんなんです。
同い年で誕生日一日違いのシンメってやばいですよね。三次元アイドルかよ。
はしもっちゃん:平和的亀担、脳内変換あっぱらぱー(公式)、最強の顔を持つ男(公式)、高校では体育委員
みじゅき:強火同担拒否山田担(MCで他の人が山ちゃんの話するのもヤダ)、帝王(公式)、美声担当(公式)、高校では学級委員
って時点でもうしんどい。はしみじゅで検索したらしんどい尊いエピが出すぎて心臓が爆発しそうになる。


現場部門 [SixTONES]ジャニーズJr.祭り2018
今年はKAT-TUNのUNIONかJUMPのSENSE or LOVEかJr.祭りのスト単独かで悩みに悩みましたが、悩みに悩んでこちらで。満足度が最高に高くて、これやってほしかったー!とかこうしてくれたら良かったがゼロ。最高の一言。早く彼らを東京ドームに...。

担当アンケート 伊野尾慧